【Python/IDE】PyScripterをインストールして処理を1行ずつ実行してみた

PyScripterをインストールして1行ずつ処理を実行してみたのタイトル画像 install

本投稿ではPyScripterのインストール方法と簡単に使い方を紹介します。

今回紹介する使い方とは以下となります。

  • 日本語表示
  • 画面スタイルの変更
  • 1行ずつ処理を実行する方法

PyScripterはPythonの統合開発環境です。
まだ使い始めですが動作も軽く、わかりやすいUIということもあり、おすすめです。
また、無償で利用が可能ですが豊富な機能が備わっていることも魅力的です。

導入の経緯としては1行1行のコード処理の流れを確認したく、無償のIDEを探してました。
PyScripterはF7キー(サブルーチンに入るまで実行しますアイコン)を押下することでそれが可能でした。

PyScripterを用いることで自身の理解度アップはもちろん、今後の投稿で本サイトに訪れた方によりわかりやすい有益な情報を発信することができるのではないかと思います。

前提

PyScripterを使用するにはインストールする端末にPython2.6以降のバージョンがインストールされている必要があります。
まだPythonをインストールしていない場合は以下を参照し、Pythonをインストールしてください。

【Python入門】Python3.8.2とJupyter-Notebookのインストール

PyScripterのインストール

-以下URLにアクセスします。

PyScripter
Download PyScripter for free. Python IDE. PyScripter is an open-source Python Integrated Development Environment (IDE) created with the ambition to become compe...

-Project Activityの「/PyScripter-v3.6/PyScripter-3.6.3-x64-Setup.exe」をクリックします。

PyScripterインストール

-ダウンロードが完了したら、[実行]をクリックします。

PyScripterインストール

-[日本語]を選択し[OK]をクリックします。

PyScripterインストール

-インストール先を指定し、[次へ]をクリックします。
画面ではデフォルトのインストール先(C:\Program Files\PyScripter)を指定しています。

PyScripterインストール

-スタートメニューフォルダを指定し[次へ]をクリックします。

PyScripterインストール

インストール後はスタートメニューにこんな感じで作成されます。

PyScripterインストール

-こちらもお好みでチェックをつけて[次へ]をクリックします。

PyScripterインストール

☑デスクトップ上にアイコンを作成する

デスクトップ上にPyScripterのアイコンを作成する

☑'PyScripterで編集'をファイルエクスプローラーのコンテキストメニューに追加する

'PyScripterで編集'をファイルエクスプローラーのコンテキストメニューに追加する

-[インストール]をクリックします。

PyScripterインストール

-セットアップ続行メッセージが表示されるので[次へ]をクリックします。

PyScripterインストール

-[完了]をクリックします。

PyScripterインストール

-「Windowsセキュリティの重要な警告」が出るので使用端末の用途に応じて[アクセスを許可する]をクリックしてください。

PyScripterインストール

-Pyscripterの画面が表示されます。

PyScripterインストール

PyScripterを使ってみる

①日本語表示を試してみる。

-[View]>[Language]>[Japanese]をクリックします。

PyScripter:言語の変更

ぱっと見た感じは問題なさそうです。

PyScripter:日本語表示

②PyScripterの画面スタイルを変更する。

-右上の[スタイルの選択]アイコンをクリックします。

PyScripter:スタイルの選択アイコン

-気に入ったスタイルを選択し、[スタイルを適用]をクリックします。

PyScripter:スタイルを適用

PyScripter画面のスタイルが変更されました。

PyScripter:スタイル「Windows10 BlackPearl」

③1行ずつ処理を実行する。

本投稿では以下コードを例に実行してみます。

PyScripter:実行用サンプル

処理を1行ずつ実行させていくには「サブルーチンに入るまで実行します」アイコンをクリックすることで実現できます。

以下のように試してみましょう。

PyScripter:サブルーチンに入るまで実行します

実行した処理で変数の値がどう変わったか気になる場合は参照することができます。

試しに変数aとiにカーソルを合わせてみてください。

変数aの場合

PyScripter:変数の値を確認

変数iの場合

PyScripter:変数の値を確認

PyScripter画面の下部にある[変数]をクリックしても確認可能です。

PyScripter:変数の値を確認

このようにPyScripterは処理の途中で変数に格納された値がどのように変化していくかを確認することもでき、無償でもかなり便利な機能が備わっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました