【Oracle Linux】Oracle Database 12c R1 のインストール(準備編)

install

本投稿ではOracle Linux 6.5にOracle Database 12c R1を
インストールするために最低限必要な設定を紹介します。

インストールするところから確認したい場合は以下を参考にしてください。

【Oracle Linux】Oracle Database 12c R1 のインストール(OUI編)
⇒本投稿の続きとなります。
 Oracle Universal Installer(OUI)を用いて、
 データベース・ソフトウェアのみをインストールします。

【Oracle Linux】Oracle Database 12c R1 のインストール(DBCA編)
⇒OUIでのデータベース・ソフトウェアのみをインストールした後の続きです。
 Database Configuration Assistant(DBCA)を起動してデータベースを作成します。

検証環境

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
OS:Oracle Linux 6.5
DB:Oracle Database 12c Release 1(12.1.0.2.0)
   ( https://www.oracle.com/technetwork/jp/database/enterprise-edition/downloads/index.html )
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ISOファイルのマウント

/tmpに配置したISOファイルを/mediaにマウントする。

# mount -o loop -t iso9660 /tmp/V41362-01.iso /media

yumの有効化

# vi /etc/yum.repos.d/dvd.repo

以下を入力し、保存する。

[dvd]
name=dvd
baseurl=file:///media/
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-redhat-release

yumが使えるか確認する。

# yum search wget

Loaded plugins: refresh-packagekit, security
dvd | 3.7 kB 00:00 …
public_ol6_UEKR3_latest | 2.5 kB 00:00
public_ol6_latest | 2.7 kB 00:00
public_ol6_latest/primary_db | 19 MB 00:01
============================== N/S Matched: wget ===============================
wget.x86_64 : A utility for retrieving files using the HTTP or FTP protocols

Name and summary matches only, use "search all" for everything.

Oracleグループ・ユーザの作成

# groupadd -g 501 oinstall
# groupadd -g 502 dba
# groupadd -g 503 oper
# useradd -u 1200 -g oinstall -G dba,oper oracle
# passwd oracle
ユーザー oracle のパスワードを変更。
新しいパスワード:
新しいパスワードを再入力してください:
passwd: 全ての認証トークンが正しく更新できました。

oracleユーザリソースの設定

# vi /etc/security/limits.conf

以下を追記して上書き保存する。
oracle soft nofile 1024
oracle hard nofile 65536
oracle soft nproc 2047
oracle hard nproc 16384
oracle soft stack 10240
oracle hard stack 32768

カーネルパラメータ設定

各項目の数値はインストールガイドを参照
https://docs.oracle.com/cd/E57425_01/121/LADBI/app_manual.htm#CIHGDACA

# vi /etc/sysctl.conf

以下をコメントアウト(♯をつける)する。
kernel.shmmax = 68719476736
kernel.shmall = 4294967296

以下を末尾に追記する。
fs.aio-max-nr = 1048576
fs.file-max = 6815744
kernel.shmall = 2097152
kernel.shmmax = 4294967295
kernel.shmmni = 4096
kernel.sem = 250 32000 100 128
net.ipv4.ip_local_port_range = 9000 65500
net.core.rmem_default = 262144
net.core.rmem_max = 4194304
net.core.wmem_default = 262144
net.core.wmem_max = 1048576

設定を反映する。
# sysctl -p

hostsファイルへの書き込み

# vi /etc/hosts
以下内容を追記し、上書き保存する。
IPアドレス ホスト名

フォルダ作成および権限の付与

# mkdir -p /u01/app/oracle
# chown -R oracle:oinstall /u01/app
# chmod -R 775 /u01

予め各ファイルやフラッシュリカバリ領域の場所を検討済みであればそのディレクトリの権限も変更しておく。

# chown -R oracle:oinstall /u01
# chown -R oracle:oinstall /oradata
# chown -R oracle:oinstall /flash_recovery_area

-/home/oracle直下にOracle Databaseインストールファイル配置場所を作成する。

# su - oracle
$ mkdir ./tmp

本日はここまで。
次回にOracle Databaseをインストールする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました