【Swingbench】負荷テストの準備をしてみた

Oracle Database

構築したOracle Database12cの負荷テストやバックアップ・リカバリの動作検証をしたいけれど
DML文など色々と用意したりするのは面倒くさいですよね。(←怠け者)
本投稿ではベンチマークツールである「Swingbench」の「Order Entry」を使用するための設定手順を紹介します。

情報

Windows10端末にてSwingbenchの設定を行う。
VMware Workstationに構築したOracle Database12cに対して接続を行う。

■Swingbench
version:2.6

■クライアント
OS:Windows10

■データベース
OS:Oracle Linux 6.5
Oracle DB: Oracle Database 12c Release 1(12.1.0.2.0)

JAVAのダウンロード・インストール

-JAVAのダウンロード

以下のURLよりJAVAをダウンロードする。
https://java.com/ja/download/windows-64bit.jsp

-ダウンロードしたEXEファイルを実行する。
本記事では「jre-8u231-windows-x64.exe」を実行しています。

-[インストール]をクリックする。

-インストールが完了したら[閉じる]をクリックする。

-環境変数を設定するため、[コントロール パネル\システムとセキュリティ\システム]をクリックし、[システムの詳細設定]をクリックする。

-[環境変数]をクリックする。

-環境変数として以下を設定する。

・新規
 変数名:JAVA_HOME
 変数値:C:\Program Files (x86)\Java\jre1.8.0_231

・編集→追記
 変数名:Path
 変数値:C:\Program Files (x86)\Java\jre1.8.0_231\bin

-コマンドプロンプトにて設定できているかを確認する。

C:\Users\oracle>java -version
java version "1.8.0_231"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_231-b11)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.231-b11, mixed mode)

-環境変数を確実に反映させるため、PCを再起動する。

Swingbenchのダウンロード・設定

-Swingbenchのダウンロード

以下のURLよりSwingbenchをダウンロードする。
http://dominicgiles.com/downloads.html
(Unix/Linux/Windows version 2.6.1124, Updated 18th November 2019 のリンクをクリック)

-ダウンロードした「swingbenchlatest.zip」を解凍する。

-「Swingbench」フォルダの[winbin\oewizard 2.bat]を実行する。

-コマンドプロンプトが立ち上がって。。。

-Order Entryインストールウィザードが起動するので[Next]をクリックする。

-[Version 2.0(Recommended]を選択し、[Next]をクリックする。

-[Create the Order Entry Schema (User, Tables, indexes, Data etc)]を選択し、[Next]をクリックします。

SwingbenchのHPによるとOrder EntryはOracle Database 12cの「oe」スキーマを元に作成されるとのこと。
-引用-
OrderEntry is based on the "oe" schema that ships with Oracle 12c/Oracle 18c/Oracle 19c.

http://dominicgiles.com/swingbench.html

-以下の通り設定し、[Next]をクリックする。
 Connect String://ホスト名/接続文字列(例://orahost/pdb1)
 Connection Type:Type Ⅳ jdbc driver (Thin)
 Administrator Username:sys as sysdba
 Administrator Password:パスワードを入力

-[Next]をクリックする。
「Tablespaces's Datafile」に値を入力しない場合、接続先のPDBのデータファイルが格納されているディレクトリに新しくSOE用にデータファイルが生成される。

-デフォルトの状態で[Next]をクリックする。

-[1GB]を選択し、[Next]をクリックする。

-2*CPU数を[Level of Parallelism]に入力し、[Finish]をクリックする。

-[Finish]をクリック後、以下のメッセージが表示された場合は一時領域のサイズを拡張する。

書式: alter database tempfile '一時ファイル' resize N[K|M|G|T];

-処理が始まります。

-[OK]をクリックする。

-soeスキーマが作成されているか確認する。

SQL> select owner , object_name from dba_objects where owner = 'SOE' and object_type = 'TABLE';

今回はSwingbenchの「Order Entry」を設定する手順を紹介しました。
次回は実際にSwingbenchを動かしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました