【WSL2】Windows11でWSLgを試してみた

【WSL2】Windows11でWSLgを試してみた Linux

【WSL2】Windows10でLinux環境を構築しよう で紹介したインストール方法から
Microsoft 公式ドキュメントの以下ページにもあるとおり
一つのコマンドで簡単にWSLをインストールできるようになりました。

WSL のインストール

また、Window11ではWSLgが提供されています。
従来はLinuxのGUIアプリをWindows上で表示する場合、XmingでX Window Systemの
環境準備などが必要で少し手間もありました。
今回実装されたWSLgではWSL上でアプリの起動コマンドやWindowsのスタートメニューから
Ubuntuアプリをクリックすることで簡単にさせることができるようになりました。

本投稿ではWindows11でWSLをインストールし、Linuxアプリを表示してみます。

検証環境

エディション Windows 11 Home
バージョン 21H2
OS ビルド 22000.376

WSL2インストール

冒頭お伝えしている通り、Windows11では一つのコマンドでWSLをインストールできます。
「Linux 用 Windows サブシステム」の有効化などを手動で実行する必要がありません。

[windows]キーを押下し、検索ボックスにて [powershell]と入力し
[管理者として実行する]をクリックします。

powershell 管理者として実行

以下コマンドを実行します。

wsl --install

wsl インストール

補足

ディストリビューションなどはオプションで指定可能です。
詳細は公式ドキュメントを参照してください。
wsl --install では最新版がインストールされます。


PCを再起動します。

PCが立ち上がりデスクトップが表示されると以下のようにコマンドプロンプトが立ち上がります。

Ubuntuインストール

Ubuntuが立ち上がりますので少し待ちます。

Ubuntuが立ち上がる

ユーザー名/パスワードを設定します。

Enter new UNIX username:[ユーザー名を入力]
New password:[パスワードを入力]
Retype new password:[上記パスワードを入力]

Ubuntuのユーザー、パスワード設定①
Ubuntuのユーザー、パスワード設定②

以上でWSLをインストールしてUbuntuを利用できるようになりました。

Ubuntuにインストールしたアプリを実行してみる

まずはパッケージの更新をしておきましょう。

以下コマンドを実行します。

sudo apt update

GUIのテキストエディタをインストールします。

sudo apt install gedit -y

Windows11 のアプリ上に[Text Editor(Ubuntu-20.04)]と表示されるのでクリックします。

geditの起動

geditを起動することができました。

もちろん[gedit]とUbuntuのターミナルでコマンドを実行しても立ち上がります。

別のアプリも試したいので以下コマンドを実行します。

sudo apt install x11-apps

sudo apt install x11-apps

それぞれのコマンド末尾に[&]をつけてアプリをバックグラウンドで起動させます。

xeyes&
xclock&
xcalc

Fontの設定ができていないのでメッセージが表示されておりますが
アプリが起動することは確認できました。

WSL で Linux GUI アプリを実行する | Microsoft Docs

コメント

タイトルとURLをコピーしました