【Oracle Linux】Oracle Database 12c R1 CDB/PDB接続

CDB,PDB

前回、Oracle Database 12c R1をインストールしたのでCDB、PDBに接続します。

インストール後の状態確認

-リスナーについて

DBCAでリスナーを構築した「LISTENER」のステータスを確認する。

$ lsnrctl status LISTENR

データベースへの接続

-データベースへの接続

$ sqlplus / as sysdba

SQL*Plus: Release 12.1.0.2.0 Production on 火 11月 19 21:34:35 2019

Copyright (c) 1982, 2014, Oracle. All rights reserved.

Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.1.0.2.0 - 64bit Production
With the Partitioning, OLAP, Advanced Analytics and Real Application Testing options
に接続されました。
SQL>

-現在の接続先を確認

SQL> show con_name

CON_NAME
-----------------------------
CDB$ROOT

-PDBの確認

SQL> select name,open_mode from v$pdbs;

NAME OPEN_MODE
------------- ----------------
PDB$SEED READ ONLY
PDB1 READ WRITE

⇒「show pdbs;」でも可。

- PDBへの接続

-セッション変更でのPDB接続

alter session set container = プラガブルデータベース名;

SQL> alter session set container=PDB1;

-簡易接続でのPDB接続

connect ユーザー名/パスワード@ホスト名:ポート番号/プラガブルデータベース名

SQL> connect system/password@orahost:1521/pdb1

-sqlplusから直接PDBに接続する。

sqlplus ユーザー名/パスワード@ホスト名:ポート番号/プラガブルデータベース名

$ sqlplus test/password@orahost:1521/pdb1

- CDB/PDBのサービス確認

SQL> select name,network_name,pdb from cdb_services;

- PDBにサービスを追加する

-サービスを追加したいPDBに接続
SQL> alter session set container=pdb1;

-サービスを追加する
SQL> exec DBMS_SERVICE.CREATE_SERVICE('pdb1_testM','pdb1_testL')

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

-サービスの開始

SQL> exec DBMS_SERVICE.START_SERVICE('pdb1_testM')

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

-リスナーにサービスが追加されていることを確認

$ lsnrctl status

サービス"pdb1_testm.local"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"cdb"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります.

-接続確認
$ sqlplus / as sysdba
SQL> connect system/password@orahost:1521/pdb1_testm.local

コメント

タイトルとURLをコピーしました