【WordPress/サイトヘルス/解決】「古いバージョンのPHPを実行しています」(ConoHa WINGの場合)

wordpress php verup conoha wing WordPress

WordPressの管理コンソールを眺めていたらサイトヘルス(ツールにある)に
「1件のおすすめの改善」と出ていたので内容を確認してみました。

サーバーのPHPバージョンが古いらしく、PHPのバージョンアップを促す警告のようです。
PHPをバージョンアップすることで「パフォーマンスとセキュリティが向上する」そうなので
詳細リンクからPHPのバージョンアップ手順を確認しました。

PHP バージョンの更新
詳しくは投稿をご覧ください。

本投稿ではWordPressを運用する上で必要な
PHPのバージョンアップ手順について記載していきます。

なお、本手順はConoHa WINGでサーバーを契約している場合を想定しています。

PHPをバージョンアップする前にすべきこと

まずWordPressのPHPをバージョンアップするには以下をする必要があります。

事前バックアップの取得

2021/1/2時点でWordPressが推奨するPHPのバージョンは7.4です。
使用しているプラグインやテーマの大部分は最新のPHPで動作はするが確実なことは言えないと
上のリンクでは記載されています。

なので少しでもPHPバージョンアップに伴うリスクを減らすためにも事前にバックアップを取得し
何かあった時にサイトをバージョンアップ前に戻せるようにサイトのバックアップを取得しておきます。

私はバックアップを「UpdraftPlus」というプラグインで取得しました。
以下サイト様で使い方を紹介していたので参考にしました。

バックアップ専用プラグインUpdraftPlusの使い方・設定方法まとめ | Tekito style.me
WordPressのデータバックアップには、「UpdraftPlus」というプラグインがおすすめ!ワンクリックで簡単にデータのバックアップと復元ができ、クラウドストレージと連携や自動バックアップ設定も可能です。本記事ではUpdraftPlusの使い方や設定方法などをご紹介していきます。バックアップ系のプラグインで悩んで...

WordPress、テーマ、プラグインのアップデート

PHPをバージョンアップする前にWordPress本体、使用しているテーマ・プラグインは
事前に最新のものにアップデートしておきます。

ここで念のため、サイトが正常に動作しているか確認しておきましょう。

PHP の互換性をチェックする+PHP 互換性の問題を修正する

 PHP Compatibility Checker プラグインを使用することでテーマやプラグインの互換性をチェックすることができるようです。
私の場合はバックアップも取得したので、もし何かあれば復元するつもりだったので本手順は省略しました。

以上がWordPressのサイトに紹介されていたPHPバージョンアップ前の実施すべき手順となります。

PHPのバージョンアップ

それではPHPのバージョンアップをしていこうと思います。

WordPressのサイトには以下の記載があります。

PHP のバージョンはレンタルサーバー会社のサーバーレベルで設定されているため、バージョンアップ作業はサーバーの設定を自分で操作するか、レンタルサーバー会社に依頼するかのどちらかになります。

https://ja.wordpress.org/support/update-php/#%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%ae-php-%e3%82%92%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%97%e3%81%a6%e3%80%81%e3%82%88%e3%82%8a%e9%80%9f%e3%81%8f%e3%80%81

私の場合はConoHa WING様と契約しているので以下でPHPバージョンアップ手順を確認しました。

PHPの設定をする|ConoHa WINGサポート
ConoHa WINGのご利用ガイド、FAQなどの各種サポート情報をご案内しています。ConoHa WINGは便利なご利用ガイドと専任スタッフのサポートで安心してご利用いただけます。

他会社でのPHPバージョンアップ方法はWordPressの以下資料を参考にしてみてください。

servehappy-resources/tutorials-ja.md at master · WordPress/servehappy-resources
Third-party articles and specific tutorials on PHP upgrades. - servehappy-resources/tutorials-ja.md at master · WordPress/servehappy-resources

ではConoHa WINGのサイトにあるPHPバージョンアップ方法を実施します。

ConoHa WINGのコントロールパネルにログインし、
[サイト管理]>[サイト設定]>[応用設定]>[PHP設定]をクリックします。

ConoHa WING
コントロールパネル
PHP設定

「PHPバージョン」の[編集]アイコンをクリックします。

ConoHa WING
コントロールパネル
PHP設定
PHPバージョン 編集

「PHPバージョン」のプルダウンにて[7.4]を選択し、[保存]をクリックします。

ConoHa WING
コントロールパネル
PHP設定
PHPバージョン 保存

画面左下に成功通知が表示されます。
変更したかった「PHPバージョン」に間違いないか確認します。

ConoHa WING
コントロールパネル
PHP設定
PHPバージョン 保存成功

以上でConoHa WINGでのPHPバージョン変更は完了となります。

WordPressの管理コンソールに戻り、サイトヘルスから
「古いバージョンのPHPを実行しています」が消えていることを確認しましょう。

サイトヘルス

コメント

タイトルとURLをコピーしました