【Xming】インストールと使い方

xming用タイトル画像 Linux

Linux環境をリモートで使用するとき、TeraTermでSSH接続で操作することが多いかと思います。
Linuxサーバ上にデスクトップ環境を構築していたとしてもTeraTermではCLI操作しかできません。
XmingはユーザーにGUIを提供します。
リモート先のLinuxサーバ上にあるGUIアプリをWindows端末上で操作することができます。
今回はWindows10へのXmingのインストールと簡単な使用方法を紹介します。
なお、本投稿に登場するLinuxサーバは以前構築したOracle Linuxサーバです。

Xmingのダウンロード

-Windows10でOSDNのXmingダウンロードページからXmingをダウンロードする。

本投稿では2020/01/16に確認した以下をダウンロードします。
Xming-fonts-7-7-0-10-setup.exe
Xming-6-9-0-31-setup.exe

最新版は公式サイトにありますが開発への援助金として最低10ポンドの寄付が必要となります。

Xmingのインストール

-ダウンロードした[Xming-6-9-0-31-setup.exe]を実行する。

-Xmingのセットアップウィザードが立ち上がるので[Next >]をクリックする。

-インストール先を指定して[Next >]をクリックする。

-デフォルトの状態で[Next >]をクリックする。
(PuTTYをインストール済みの場合は「Normal PuTTY Link SSH client」ではなく、「Don't install an SSH client」のラジオボタンを選択する。)

-スタートメニューに作成するかを聞かれるので[Next >]をクリックする。

-以下をチェックして、[Next >]をクリックする。
Create a desktop icon for XLaunch
Associate XLaunch.exe with the .xlaunch file extension

-[Install]をクリックする。

-[Launch Xming]のチェックを外して[Finish]をクリックする。

Xmingフォントのインストール

-ダウンロードした[Xming-fonts-7-7-0-10-setup.exe]を実行する。

-Xmingをインストールしたフォルダを指定して[Next >]をクリックする。

-[はい]をクリックする。

-デフォルトの状態で[Next >]をクリックする。

-スタートメニューに作成するか聞かれるので[Next >]をクリックする。

-[Install]をクリックする。

-[Finish]をクリックする。

Xmingの使い方

最後に基本的なXmingの使い方を紹介します。
機会があれば様々な使い方を別記事にまとめます。
Xmingの設定をせずにTeraTermでGUIアプリを起動しようとすると当然ながらエラーが返ります。

例:FireFox起動時のエラー
例:FireFox起動時のエラー

それでは、XmingでGUIアプリを起動します。

-[スタート]>[Xming]>[XLaunch]をクリックする。

-[Multiple Windows]を選択し、[次へ >]をクリックする。

-[Start no Client]を選択し、[次へ >]をクリックする。

-[Clipboard]、[No Access Control]を選択し、[次へ >]をクリックする。
([No Access Control]を選択しない場合、GUI表示に失敗しました。)

-[完了]をクリックする。

-画面下部のタスクバーに[Xming Server]のアイコンが表示される。

-TeraTermでログインしたサーバで環境変数DISPLAYを設定する。

# export DISPLAY=操作用端末のIPアドレス: Display number.Screen number
本投稿の手順では Display number.Screen number = 0.0 とする。

-GUIアプリケーションを起動する。

# firefox

Xming実行例

参考

コメント

タイトルとURLをコピーしました